女性向け永久脱毛のおすすめ

永久脱毛の種類とメリット・デメリット

ひとくちに永久脱毛といっても、いくつかの方法があります。また、使用する機器の技術も日々進歩しているために、時代によっても変わってきます。

レーザー脱毛

現在、美容外科やクリニックで主流となっているのは、「レーザー脱毛」です。これは皮膚の表面にレーザーを照射して、毛母細胞、毛乳頭を破壊してしまう方法。毛の黒い色素(メラニン)にレーザーの光が反応し、熱が蓄積されることで、毛の育成に重要な役目を果たしている根っこの部分を焼いてしまうのです。

レーザー脱毛は、従来のニードル脱毛(後述します)に比べて痛みが少なく、短時間で処理できるので、またたく間に人気となりました。主なメリットとしては、「痛みが少ない」「施術時間が短い」「医療機関が行うという安心感がある」などが挙げられます。

痛みの感じ方には個人差がありますが、輪ゴムで肌をパチッとはじかれた感じです。 ただし、レーザー脱毛はレーザーの波長が毛の黒い色素(メラニン)に反応するという性質を利用しているため、色の薄い毛や産毛には効果がでにくいと言われています。

逆に、黒くて太い毛に適しているので、ワキやVライン、腕や脚の太い毛に効果があります。また、レーザーは日焼けのメラニンにも反応するため、日焼けの度合いによっては永久脱毛が受けられないケースもあります。

フラッシュ脱毛

「フラッシュ脱毛」とは、カメラのストロボのような光をあてて、毛母細胞、毛乳頭を破壊する方法。レーザー脱毛のように、光のエネルギーがメラニンに反応して毛根を破壊するという点は同じですが、レーザーは医療機関でしか扱えないため、このフラッシュ脱毛はエステや脱毛サロンで行われています。

サロンによっては、光脱毛、IPL脱毛などと呼ばれることもあります。 フラッシュ脱毛のメリットは、レーザー脱毛と同様、「痛みが少なく」「施術時間が短い」という点。フラッシュ脱毛の光は広範囲に拡散するので、1回の照射で処理できる範囲はレーザー脱毛よりも広く、痛みも少ないと言われています。

また、エステや脱毛専用サロンで受けられるので、美容外科に行くより気分的に通いやすいという声もあります。 フラッシュ脱毛もメラニンに反応するという原理は同じなので、レーザー脱毛と同じく、黒くて太い毛に適しています。色の薄い毛や産毛には効果が出にくく、日焼けをした肌では受けることができないケースもあります。

ニードル脱毛

ニードル(針)脱毛とは、毛穴に針を刺して弱電流を流すことで、毛乳頭を破壊する脱毛法のこと。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が登場する前は、このニードル脱毛が主流でした。もちろん、現在でも受けられる医療機関やエステはありますが、下火になってしまった理由のひとつが施術中の痛みです。

毛穴に針を入れるチクッとする感じ、弱電流を流すときのジリジリとした熱さなど、かなりの痛みを伴います(医療機関であれば希望によって局所麻酔をしてくれるケースも)。また、1本1本処理をするため時間と手間がかかるうえに、施術を行う脱毛士の技量にも影響されます。

これはあくまで個人的な意見ですが、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が普及した今、あえてニードル脱毛を選ぶ必要性は低いと思います。施術中の痛みにくわえて、通う回数、1回の処理にかかる時間、費用など、効率面でもコスト面でもレーザーやフラッシュにはかないません。 私自身、永久脱毛を始めた頃はレーザーもフラッシュもない時代でしたから、ニードル脱毛を受けました(ワキはエステで、脚は美容外科で)。

ワキのように範囲が狭い場合、まだ耐えられますが、脚の脱毛で美容外科に通っていたときは、毎回、痛みと格闘しました・・・(泣)。ただし、1本1本処理をするので、ニードル脱毛は永久脱毛の中で最も確実な方法と言われています。ムダ毛の悩みが深刻な人は、選択肢のひとつとして頭の隅においておくのもいいでしょう。

コメントを残す